現場安全パトロール(建築)を実施

市内の2現場を視察

  当協会は12月3日、現場安全パトロールを実施し、管内の2現場を視察しました。
  出発式で当協会の大蔵章男建築委員長は「それぞれの現場で良い点も良くない点もしっかりと指摘して、自分の現場でも生かせるようパトロールにあたってほしい」と呼び掛けました。
  松本市住宅課の小岩井宏課長補佐は「冬になり寒くなると現場での事故が多くなる傾向にある」とし「さらに安全な現場になるようしっかりとパトロールしたい」と話しました。
  現場パトロールでは現場担当者から工事概要や進捗率、当日の工程、作業人数などの説明を受けた後、現場内の安全対策や、現場の整理整頓、看板の設置、安全誘導などを確認。降雪期の転落・墜落災害や体調管理などを注意喚起しました。