ネイチャリングフェスタに賛同

丸太橋など会場設営ボランティア

今年も、7月20、21日に開催のネイチャリングフェスタの事業趣旨「自然とのふれあいを通して、次代を担う子どもたちが心身ともに健全に成長することを願う」に賛同し、地域活動委員会(田内光一委員長)が中心となり、会場設営・撤去のボランティア活動を行い、会員延べ120人が参加し暑い日差しの中で汗を流しました。

開催前日の19日に、女鳥羽川河川敷の野外体験ゾーンで、草刈り・清掃、丸太橋3カ所の設置、大型土のう積みによる水辺遊びの淀みづくりを、また大会本部がある花時計公園ではロープ下降体験の人工壁面づくりを、各班に分かれ作業を行いました。