「松本市総合防災訓練」に参加しました

緊急輸送路確保へ障害物除去作業

松本市が「防災の日」の9月1日に実施した総合防災訓練に参加しました。訓練は「糸魚川-静岡構造線断層帯」による震度7の大規模な地震の発生を想定し、松本市総合体育館を主会場に行われました。

当建設事業協同組合では宮﨑正博理事長をはじめ災害危機対策委員会(飯濵修委員長)が中心となって組合員10数人が参加。クレーン付トラックやバックホウ、フックロール車などにより道路上の障害物を除去し、緊急輸送路確保の訓練を実施しました。

建設事業協同組合では、市と災害時の応急措置協定(災害支援協定)を締結しており今年も市建設部の指示のもと訓練に参加しました。これからも、いざという時には市民の生命と財産を守り、被害を最小限にくい止め、市民生活の確保に迅速に対応できるように、市民の皆さんとともに防災意識を高め、応急対策能力の向上を目指します。