土木現場の安全パトロールを実施

「台風対策なども促しました」

今年度2回目の現場安全パトロールを、10月22日「雨水幹線」や「橋梁下部工」など土木現場3カ所を、土木委員会(伊藤浩一委員長)が松本市建設課立合いのもと行ないました。

今回は、週末に大型の台風の接近予報もあり対策の確認も合わせて実施しました。参加者は各現場で概要説明を受けた後、看板表示や、防護柵の設置、通行や作業車出入りの安全確保、増水時対応などの作業場所一帯の安全対策をチェックし、豪雨や強風、今後の冬期工事への注意なども促しました。