年末の安全パトロールを実施

「無事故無災害で新年を」

  今回は夏季の安全パトロールに続き、年末の工事現場安全パトロールを建築(下里明委員長)と土木(伊藤浩一委員長)の各委員と、松本市建設部立合のもと12月16日に実施しました。

出発にあたり「安全を第一に、無事故無災害で新しい年を迎えたい。しっかりと安全確認を」などの呼びかけを行い2班に分かれて巡視しました。

建築は、小学校大改造と市営住宅改修、児童センター増築の現場を回り、児童や職員の安全対策や作業環境の状況などを確認し、土木は、道路改良や橋梁、雨水幹線などの現場を回り、看板表示の状況や、通行や作業者の安全確保、複層する現場間の連絡調整の様子を確認しました。また、年末年始の休み期間中の安全対策なども確認・指導を行いました。