第66回通常総会を開催しました

新会長・理事長に深澤信治氏

5月22日に、松本市建設業協会と松本市建設事業協同組合の平成26年度通常総会を開き、事業計画や予算を審議決定しました。任期満了に伴う役員改選も行い、会長・理事長に深澤信治氏を新任し、副会長・副理事長には大池太士氏を再任、伊藤浩一氏を新任しました。

深澤新会長は就任のあいさつで「地域の安全を守り信頼を得ていく事が役割。地域の信頼に応えられるように一致団結して頑張りますので、会の運営に支援をお願いしたい」と抱負を述べました。退任のあいさつで宮﨑正博氏は「新3役を中心に会を盛り上げ、市の仕事をしっかり請け負い会員も増やしてほしい」と激励しました。
総会で決定した事業計画では、地域密着型の基本姿勢を確認し、市民の安心安全や、まちづくり、ボランティアなどの活動のほか、会員の加入促進と組織強化、市建設業会館のあり方検討など3項目を追加しました。
総会後の懇親会には、菅谷昭市長はじめ小林あや市議会建設委員長、井上保商工会議所会頭ら大勢のご来賓に、ご出席いただきました。菅谷市長からは「市民の安心安全に尽力いただき感謝しています。子供と緑の施策を進めており、豊かな空間や生活環境の向上を目指しますので、ご協力をお願いしたい」と祝辞をいただきました。

 

役員改選の結果は次の通りです(※敬称略)
【松本市建設業協会・松本市建設事業協同組合】
・会長(理事長)/深澤信治
・副会長(副理事長)/大池太士、伊藤浩一
・理事/高橋作夫、田内光一、下里明、飯濱修、高嶋伸光、滝澤文雄、藤森賢、大藏章男、古川誠
・監事/藤澤正佳、川瀬雄一
・事務局長(専務理事)/川上一憲
役員を退任された宮﨑正博様(理事・理事長)、赤塚治信様(理事・理事)、江平茂様(事務局長・専務理事)には協会発展のためご尽力いただきありがとうございました。