ネイチャリングフェスタに協力

施設設営や草刈りボランティア

  恒例となった「ネイチャリングフェスタ」の7月20・21日の開催に受け今年も体験施設の設営・撤去や臨時駐車場の草刈りを行うボランティア活動を実施しました。

「自然とのふれあいを通して、次代を担う子どもたちが心身ともに健全に成長することを願う」とする事業趣旨に賛同し、地域活動委員会(田内光一委員長)を中心に作業を進めました。

15回目を迎えるフェスタは、中心市街地から会場をアルプス公園に移し、より自然とのふれあいを深める内容に変更され、当会のボランティア作業も、人工壁のロープ下降体験施設以外に、仮設足場の高台から高台間をロープで結び体験者が空中移動する水平レンジャーの設営や、シャトルバス発着の平瀬口駐車場の草刈りなどを、18日に行い蒸し暑い梅雨の天気の下、汗を流しました。