冬季に向け年末安全パトロール

事故防止対策を細かくチェック

年末現場安全パトロールを12月12日に実施しました。建築委員会(滝澤文雄委員長)と土木委員会(高嶋伸光委員長)に分かれ、それぞれ2現場を回り、市からも建設課、住宅課と今年度から工事検査課も加わっていただきました。

出発にあたり、滝澤委員長は「冬季にむかい事故防止対策を細かくチェックし、安心・安全を確保してほしい」と呼び掛け、市側からも「年末にむけ安全を第一に進め、事故無く進捗をお願いする」と話しました。

パトロールには24人が参加し、建築は美鈴湖自転車競技場とかりがねサッカー場の各管理棟を、土木は穴田川雨水幹線と市道7817号改良の現場を巡視しました。各現場ではクレーン使用や掘削時の注意を促し、転落やスリップなどの冬期対策も確認していました。また、年末年始の休工中の安全対策についても指導しました。