新春祝賀会を開催しました

新たな飛躍する年」に

平成27年の新たな年を迎え新春祝賀会を1月27日、深志神社・梅風閣で開催しました。

開催あいさつで深澤信治会長は、松本市が今年4月から「入札契約制度を改正し、小額工事の引上げや前払金限度額廃止」などを実施される事に感謝を述べ、「市民の安全安心の確保や、まちづくりを一層進め、人材の育成にも取り組み、新たな飛躍する年としたい」と思いを語りました。

祝賀会には、多忙な中を坪田明男副市長、太田更三市議会議長はじめ商工会議所など多くの来賓にご出席いただきました。

これからも、会員65名が結束し、多くの皆様に支えていただきながら「市民とともに・ふるさとづくり・まちづくり」を合言葉に、活動を進める新たな一年にしたいと思います。よろしくお願い致します。