夏季安全パトロールを実施しました

建築2現場を巡視し安全確認

平成27年度の夏季現場安全パトロールを、8月5日に行いました。建築委員会(滝澤文雄委員長)と松本市住宅課からの参加もいただき12人で建築現場2カ所を回りました。

出発にあたり滝澤委員長は「連日暑い日が続いている。熱中症対策などの注意を喚起し、事故ゼロを指導してほしい」と話し、市担当課長も「安全管理が一番大切。こうした機会を通じ意識の高揚を図っていく事が重要」と呼び掛けました。

パトロールは、(仮称)南松本福祉関係複合施設新築主体工事と戸田家廟園旧前山寺長屋門保存整備の2現場を回り、現場内の整頓状況や看板標示、安全対策などを細かくチェックし、気付いた点を指導しました。