夏季安全パトロールを実施

建築現場の安全管理を確認しました。

  夏季現場安全パトロールを「梅雨明け」となった7月28日に実施し、建築委員会(滝澤文雄委員長)が松本市住宅課の職員の方々と一緒に学校整備などの3現場をまわり安全管理を主体にチェックしました。

出発にあたり滝澤委員長は「暑い中ですが、しっかりと現場を見て安全を確認してほしい」と話し、市住宅課長も「市長選挙があり少し遅れていますが工事は順次発注しています。適正工期を設定しますので事故無く進めてほしい」と呼び掛けていました。

パトロールは、はじめに当組合が施工した「まつもと大歌舞伎田んぼアート物見塔」を点検、つづいて梓川小学校体育館天井耐震化と波田中学校大規模改造の現場を巡視し、整頓状況や看板標示、安全対策などを細かく確認して気付いた点は注意・指導しました。

ページトップへ戻る